革エプロンおやじ

おやじのポケットの中身を紹介していこう!

皆さん、こんにちは。革エプロンおやじです。

還暦を迎えたおやじのポケットの中身を紹介して行きます

男性目線からの生活の楽しみ方になりますが、女性ブロガーも歓迎です。

広沢寺ますやの魅力

休日のお昼はラーメン店の開拓と思っていて車を出したが、ふとニジマスを食べに行こうという事になった。スマホも持たずに出たので、今回は写真を撮る事がでできなかった。以前にも数回訪れた事があるが、先回から5年以上経過しているのではないか。

厚木の七沢にあるズンドバー(厚木の中では有名店)を横目に更に進むと広沢寺にでる。

そこの駐車場に車を置いて5分ほど歩くとこの店が左側にある。

ここには、生け簀があってニジマスの釣りが楽しめ、それをここで調理して提供してくれる。ニジマスイワナがあり、それを塩焼き、から揚げで提供してくれる。それを横を流れる渓流を見ながら食する事ができる。7月とは言え涼しい日ではあったが、渓流を見ながらというのは音と相まってとてもリラックスができる。他には、そば、味噌田楽、アルコール類などの提供もある。

我々はニジマスのから揚げ、イワナの塩焼きと注文。今回は、もう既に子供もいないので釣りはしなかった。釣り竿代は100円とあった。釣らなくとも魚は同じ生け簀にいるものを提供してくれる。ニジマスは岩名より大きく、これを丸ごとから揚げにするには大きな鍋と油が必要なので家庭では到底無理なところにここの価値がある。硬いかなと思いつつ、頭までバリバリと食べることができる。イワナは塩焼きで、塩を落としながら食べて下さいと言われたが、うまい。これで、ニジマスが350円、イワナが500円。

私が良く行く浅草橋の立ち食いの天ぷらソバでも380円。それより安い。何と素敵。

もっと皆さんで行って欲しいな。味噌田楽も食べたが、串にささったのが8本でてきた。400円。

ここで改めてよく渓流をみると、川横の生け簀に水を流入しているシステムがわかる。

川中に大きな岩や土嚢を積み水面を上げ、多数は川にそのまま落ちる、少数は上げた水面からバイパスが横に延び、下流の生け簀に導いている。その間、10~20m。よって生け簀は川の水を垂れ流しで使う事ができる。うまいシステムだ。ただ、大雨で水流が多い時のコントロールはやや難しそう。そんな時には、ここに客としてくる気にはなれないが。この日は3グループぐらいが釣りから楽しんでいた。ただ、真夏で水温が高くなると魚達の食欲が下がりあまり釣れなくなるという事を先回来た時には教えてくれました。その点、真夏日からほど遠い今年はねらい目かもしれません。もみじも多く、秋の紅葉時もきれいな場所です。そこには大きなカタツムリが結構ついていた。こういう気取らない、素朴な良いお店を絶やさないように支えていきたいね。

あつぎ郷土博物館への訪問

日曜日の昼食はMうどんとなり、ついでのドライブがてらあつぎ郷土博物館に行ってみた。

以前に市役所近くにあったのものが、今春に下川入に移転したようだ。

あまり期待はしていなかったが、緑多く、いい雰囲気の場所だ。

f:id:pocketin:20190715183130j:plain

過去から明治時代にかけての厚木の様子を展示している。

約300万年前に厚木、横浜、東京は海、海岸線であり、七沢の後ろの山で海洋生物、貝などが見つかっている。

f:id:pocketin:20190715183740j:plain

よって、山多き七沢においても当時は海だったのだろうという。

博物館には書かれていないが、富士山は、太平洋にあった島(今の伊豆半島)がプレートに沿って箱根近辺に激突し、その勢いでできたという説がある。その激突の時期が300万年前と言われる。上記有孔虫も海だったことの証で、七沢の山岳エリアもその富士山と同様の時期に出来上がったといえる。

f:id:pocketin:20190715221708j:plain

時代は弥生時代に移るが、土器や埴輪が厚木の子の神遺跡で出土したというものだ。

ほぼ原形といって良いものだ。我が家から歩いて5分ほどの場所だ。遺跡調査をやっていたというのは聞いていたが、こんなすごいものが出てきているとは知らなかった。

この辺りに多くの人が住み部族を形成していた場所のようだ。でも、この場所で稲作を行っていた形跡は残っていないという説明だった。稲作を行った痕跡は残っていないという説明員の話だった。稲作エリアは長い間に水の災害も多く、そうしたものも流されてしまう運命だからという事だった。やっていなかったという事ではないようだ。

f:id:pocketin:20190715223608j:plain

そして、場所は異なるが古墳時代の剣、勾玉、銅鏡も発見されている。よく出てくる3種の神器というものだろう。こんなものも出土するか。

こういう歴史の証をこうして丁寧に展示して、たまたま説明員の解説のタイミングに遭遇したお陰で様々な話を聞くことができた。ふと、訪れた割にはかなり興味深いところだった。今回新しくできて、様々なイベントを開催して人を集めたい様だった。また行ってみたいと思うし、新たなイベントにも期待したい。



 

 

 

 

薄いコンパクトな長財布の作成

革で長財布を作ってみたくなった。

女房が使っている長財布の大きさを測り作成した。

まずは使って見ようと数日間を経験。

見ると何だかデカい。うまくカバンのポケットにもうまく収まらない。

カードは、カバンの中に落ちてしまう。

コインは落ちないが見えにくい。

そんなもんだいに出くわし、セカンドトライに。

コンセプトは、

薄くて、最小にする。紙幣(160x77)の寸法を測り、これが一つの基準に。

厄介なのがカード(86x54x0.6)。通常ある段差ポケットも厚みの要因だし、やや煩雑。

よって、平置きでどこまでできるか。3枚は見えるところに確保したい。

短辺方向に最小寸法で並べると、長財布全体の寸法を支配する。もちろん、この段階でで紙幣寸法は、財布寸法の支配要素ではなくなる。

コインの扱いは結構面倒。既に持ちたくはないが、ある時ワッと増えて困る。ズボンのポケットでジャらジャらしているのも気が引ける。よって、薄く広がって存在し、使用時の一覧性を確保したい。ファスナーは使用したくない。

よって作成したのが下の写真。二つ折の長財布(185x95)。

f:id:pocketin:20190711103128j:plain

左には写真に撮って構わないカードは1枚しか、入っていないが、各ポケットには2枚ずつ入るので計6枚。残りはこの下のポケットに入れる。

右側は、小銭入れと紙幣入れ。当初は小銭蓋に抑えを付けようと計画したが、折り返しが安定していたので、これで十分と判断。

 

f:id:pocketin:20190711103200j:plain

蓋を開けた時にコインが半分程度顔を見せることで一覧性を確保した。

紙幣が見にくいかなと思ったけど、まあ十分です。

f:id:pocketin:20190711104054j:plain

カード7枚入れて、コイン10枚以上入った横写真。ノギスで測ると厚みは10~15mm。

このサイズだと、紳士もののワイシャツの胸ポケットに収まる(上ははみ出すけど)し、スーツの内ポケットにも苦も無く収まる。客先との会合でも、そのままスッと立って会計に行けます。そんな事ができるのも粋ではないですか。

この世はカード時代。クレジットも会員カードもみんな山ほど抱えて、カバンのような長財布を宝物のように従える。よってカバン、ハンドバックもサイズが必要。

私自身は長財布を使用した事もなく、そのメリットを享受していないかもしれない。

でも、こんなシンプルな長財布があっても良いのではないか。

使用に耐えられるか只今テスト使用中です。

築地のお祭りと有次

6月8日の夕方に東京に用事にあり出かけた。それまでにやや時間があり、築地界隈に行ってみた。

市場が豊洲に移り、どんな状態になっているかを見たかった。

海外の人がやはり多いという認識はその通りだった。

この日はちょうどこの界隈のお祭りの日という事で神輿が出ていた。

f:id:pocketin:20190621112140j:plain


築地4丁目町会の神輿の写真である。

この写真では神輿の後ろから撮ったものであり、私の視線は正面から神輿が通り過ぎるのを見ていた。その時に気が付いたのは地元の築4の半纏を来た人が神輿の担ぎ手の3分の2くらい入っていた。先回三社祭に行った時の事も書いたが地元の半纏を来ている地元住民は少なく、多くは外からくる担ぎ手となる。その人らはその神輿の会の半纏を来ていて、町内半纏を着る事はない。そのイメージからするとここはちょっと違うかなという印象だった。

それに気が付いて神輿の台を運んでいる人に声をかけてみた。築地の交差点から場外の部分がこの築地4丁目の町内で、そこで働いている昔からの人や、今はサラリーマンになった人でも祭りになると参加してくれる人が結構集まって来てくれるという事だった。でも神輿の会の人も随分入っているけどね。という会話をしてから、通り過ぎた後の神輿の背面の写真だったので、黄色い会の半纏しか撮れていない。正面に回って撮りたいという気持ちが沸いたが、それこそ後の祭り。せめて電信柱の築地4丁目の記載を入れて神輿を撮る事が精いっぱいだった。

これからも場外は残るという事ではあるが、いつ状況が変わってビルに置き換わるか分からないが、できる限り築地のざわつき感は残って欲しいし、この狭いところを担いで回る神輿もいいね。地元半纏を絶やすことなく頑張って欲しい。写真には何度となく足を運んだ寿司清(すしせい)もうまく収まってくれた。

f:id:pocketin:20190621114418j:plain

これが神酒所の風景。この辺りのお店の名称が連なっている。

この界隈にある佃煮屋で買い物をしたいと思っていた。うまく見つからず、他のお店の人に聞いたら、普段はやっているけど、本日はもう店を閉めているという事だった。

次に寄ったのが包丁の有次(ありつぐ)。お店には職人さんがいて、客はいなかった。もちろん、包丁が並んでいて、その奥には研ぎ場を備えている。包丁段の下には砥石の類が地味に並んでいる。そこをしばらく眺めてから、職人さんに話かけた。

我が家では有次の包丁を何本か持っている他に革包丁もあり、6000番の砥石も持っている。それで仕上げるととてもキレるようになり気に入っている。でもよく歯を砥石につっかけて、砥石を蹴ってしまう事も多い。まあ、研ぐのが下手なのだろうがどうしたら良いかと聞いた。そしたら、砥石を蹴ってしまう事は私でもよくある事と言ってくれた。それを聞いてやや安堵。でもそれをきちんと直して平面を出さないといけないといって、研ぎ場に導かれて行った。これは私が使っている7000番の仕上げ用という事で、既に厚さは1cmくらいのもの。蹴った時には研ぎ用の砥石でこうやって研ぐのだよと。石でできた洗濯板のような奴。砥石をがりがり削って蹴った部分を取り除くのだよ。そして傷がたくさん入るので、金剛砂を使ったり、使わなくなった包丁で傷取り用に研ぐ、そんな事を現物を含めて見せてくれた。

f:id:pocketin:20190621125129j:plain

荒く削り落とすだけなら、道路のアスファルトの上でも行けるとい聞いた事もあり、金剛砂を購入した。500円程度なので。金剛砂自身はザクロ石の小結晶と書いてあるものもあるし、購入物の成分では炭化ケイ素ともある。方法が混ざった製品なのかもしれないが、砂より細かく粉末な感じ。

早速、家に帰ってアスファルト+金剛砂で6000番砥石を修正して平坦に復活した。台所包丁、革包丁と順調に研げた。でも後半にうっかり又砥石を蹴ってしまった。折角直したのに。まだまだ修行が足らないなを自覚。

職人さんが優しかった有次にまた行ってみようと。

 

ストロベリームーン見物

夕方のニュースでも本日(6月17日)は満月という事を報じていた。

18時53分に地平線から上がると。

そこで女房と低い位置で見たいなという事になり、近くの崖上まで7-8分を歩いて行った。

今の住んでいる場所は丘の上にあるので、崖に駐車場になっているところまで行くと樹木の阻害なく下の街並みや大きく空が見える場所だ。

アメリカでは6月の月をストロベリームーンというそうだ。 6月はちょうどストロベリーの収穫期という点と、月の軌道が低いために雲の影響を受けやすく赤く見え易いという点での名前だそうだ。

でも、駐車場まで行っても見えなかった。月が駐車場から見える範囲からだいぶ外れているようだった。よって、ちょっと未知の道路を黙々と月を探して歩いていくとやっと見えた。大きいな。

f:id:pocketin:20190618110714j:plain

マンションの上から雲をかき分けてやっと上がったところだ。

まだ、夕焼けが残っている時間帯だったが、写真だとずいぶん明るい。

スマホ撮影で、暗くした写真なども撮ったがほどほど。

ちょっと雲の影響で赤っぽいかなとも思ったが、その面影もこの写真では感じなく。

戻ろうかと言って、進んで行った道を戻って来た。

いつもだったら、この駐車場から見えるのだけどねと言って通りかかったら、なんと満月がいるではないか。なんだと言いながら、家まで戻って来た。

そこでまた、ピカピカの満月君を発見。なんだ、焦って行かなくたってこの時間なら家の前で見えるではないか。

何だか複雑な心境だったけど、満月発見エリアが増えたことで満足すると

しよう。この後のビールも美味しかったし。

 

トリコロールカラーのショルダーバッグ

今回は3色の皮を使いショルダーバッグを作成した。

フランス国旗の3色とはちょっと違うが。

以前にも用いたダークグリーン色と、赤、ブラックの3色だ。

基本的には女性が持つ、PETボトル、長財布、スマホ、パスカードが入るものとしてリクエストされた。よってやや大きめのショルダーとなった。以前にも茶系革で作ったものをこのブログにもアップしたが、そこに3色でちょっと遊んでみようと思い再度娘用に作る事になった。カバンサイズは、縦、横、幅、ヒモ長は同一としました。

f:id:pocketin:20190528222150j:plain

前と後ろがダークグリーン、マチがブラック、被せが赤とした。ショルダーヒモもブラックとした。実際にはベルト用として28mmで切ったものが市販されているので、それを用いた。よって、マチとヒモを同色とした。ヒモがやや太いので取付金具もやや大きめのものを使用した。写真ではだいぶ四角く見えるかな。

 

f:id:pocketin:20190528222856j:plain

スマホとパスケースが入るポケットを取付け、長財布と並べて左側に配置。右側はPETボトルが入るスペースとしてポケットを置くことを避けた。以前のバッグは、革厚があり、裏革部分に切り込みを入れてポケットとした。使用者はスマホをいつでも被せを開けずにすぐに取り出せるそれはとても便利だという事で、それを引き継ぐことを希望していた。しかし今回はそれに耐える厚さでないので内側にポケットを作り、蓋を開ければすぐに取り出せる構造とした。PETボトルの脇にもまだ余裕があり、実際には、手帳、ポシェット、鍵くらいまで入れるようだ。

f:id:pocketin:20190528224046j:plain

マチ部分の写真であるが、今回刻印タグをつけてみた。

出し入れ自由なポケットのようなバッグをイメージして作成してみた。

ポケットにはちょっとしたものが入っているという息子のデザインである。

カバンに直接つける勇気はまだなく、タグあたりから始めようかなと。

今回のトリコロールカラーのショルダーなので、配色のセンスも試されるので不安ではあるが、遊び要素を多分に含んでいるので、作っていてもドキドキして楽しいものだ。

喜んでもって帰ってくれたので、それで良い事にしよう。

今年もらっきょ作りの季節

らっきょの時期になったので、スーパーに行ってみた。

島根産らっきょが1kg980円で売っていた。その横に780円というのが並んでおり、変だなと思い、お店の人に聞いてみた。初めに出る鹿児島産や佐賀産のらっきょは、780円になりますという回答。200円の差は大きいですね、それだけ島根産らっきょが強いという事だ。食べてみてその産地による差がわかるかはまだ試したことがないが、らっきょは島根でしょうという先入観もあり、そちらをゲット。暖かい鹿児島産は早い時期に出回るので、気を付けないといけない。2週間程度遅れて島根登場になる感じだ。短期間で発売され、すぐ店頭から消える感じがあるので、目にした時の判断が重要だ。

f:id:pocketin:20190526113821j:plain

 この日に購入したのはこれらだ。島根産らっきょを2kgとコメ酢。塩は、タクワン作成の時に購入したもので、これを使用。ミツカンのホームページでも、穀物酢は、材料にコーンや小麦を含んだもの、純米酢は国産コメで作ったものでグレードが高い。その間がコメ酢という事で外国米で作っているという事になろう。これが一般的かと思い選択。もちろん値段もその順だ。昨年は、うまく識別できず穀物酢を買ってきてしまい、女房から改善命令が出て、再度買いに行った次第です。まあ、その上には黒酢などもありますが。

さて、ここから開始である。購入時のらっきょは、株を成し、泥もついていて、根もついている。これを単体に離し、泥を水で洗い落とし、まな板の上で根からチョイ上を切る。頭も長いままである必要はなく切る。そして、らっきょの薄皮をむく。表面がやや茶色を帯びている時には一皮むく。この作業を一つ一つに対して取り組んで、パリパリの黄色肌のきれいならっきょを取り出す。でも、あまり剥いてしまうと食べるところがなくなってしまうので、できる限り薄く剥く。この作業が結構大変。

これと平行して、食塩水作り。2kgらっきょに対して、1.4リットル水に300gの食塩を溶かす。鍋に入れてある程度溶けるかなと30分間くらいかき混ぜながら放置したけど、あまり変化がない。ガス台にかけてぐつぐつボコボコいうまで沸騰させ、溶かす。ただ、鍋フチには食塩も析出してくるので、適当にガスを止めて放置。そこに残った塩も時間の中で溶けた。これにあまり時間をかけるとらっきょ合体する時にまだ余熱が残ってしまうので、気を付けている。台所の流しの前に立って行っていたので結構疲れる。途中短時間の休憩はしたが、14時半に始まり、終わったのは17時半。らっきょを切って、食塩水を合体するまでがである。

f:id:pocketin:20190526121637j:plain

右が今回の作成のもの。らっきょは食塩水に対して浮いていますね。17.6%濃度なので結構比重も大きいためですね。らっきょは、購入時は1kgですが、処理によって7割から7割5分程度の重さに目減りしています。そして、空気と接しているところには白い泡立ちがあり、既に乳酸発酵が始まっています。これが、今後おいしくなる源泉ですね。化学反応を伴う自然の素晴らしさです。

左は昨年に作成したものです。あと1度食卓容器に移動される程度かと思います。右の今年バージョンは2週間後に次の作業に移ります。乳酸発酵終了し、流水での塩抜き半日程度。沸騰水に10秒付けて消毒、その後にらっきょ酢(酢、氷砂糖、輪切り唐辛子(左の手前の見えます))に漬けて保存する事になります。それは左の容器で実施の予定です。左の容器は既にらっきょ臭が浸み込んでいるので、たとえ一生懸命洗っても多用途への転用は難しい状況ですし。よって、それまでに右をカラにする必要があります。昨日娘が来たので、らっきょを欲しい?の質問に快諾だったので、ジャム瓶に入れて提供した事も今後2週間の日程管理に貢献してくれました。

ただ、容器移動になってから食するにはその後1~2か月を要するので、そのあたりから、今年バージョンが昨年バージョンと食べ比べられながら、まだ味が若いねなどとコメントされながら、らっきょの味が継承されていく事になります。

そうすると3時間作業は結構負担ですが、ある程度のオーバーラップ期間を楽しむためにも2kg処理が必要に思っています。